業者選びに役に立つペット関連事業に関連した業者をご紹介します。

ペットビジネスコンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年07月18日 [FAQ]

ペットホテルに預けられないペットの条件とはなんですか?

今度、友達と旅行することになったのですが、愛犬がいるためどうしようか悩んでいて、結局、ペットホテルに預けようということになって安心していたのですが、いろいろと調べてみるとペットホテルでは受け付けてもらえないケースがあると知って不安になっています。
そこで、どういった場合にペットホテルの利用を断られることがあるのか教えてください。

回答

ワクチン接種をしていない、しつけがきちんと行われていないなどの犬は預けられないです


まずペットホテルにはたくさんのペットたちが預けられているため、感染症が蔓延してしまう危険性があるため、しっかりと予防接種やワクチンの接種を受けていることが預けるための条件となっています。
予防接種などを受けているだけではなく、そのことを証明する必要があり、証明書を提示することができない場合には利用を断られてしまうことがあるため注意しましょう。
また。しっかりとしつけられている犬でないと預けることはできず、攻撃性や凶暴性の高い犬や、噛みぐせや吠えぐせのあるような犬については、そのまま預けてしまうとスタッフやほかのペットを攻撃してしまう可能性があって危険なため、預けられない可能性があります。
雌の場合には妊娠をしていたりシーズン中となっていたりすると預けられないことがあり、ほかにも、伝染病疾患を患っているときにも預かるのを拒否されることがあるでしょう。
また、ノミやダニが寄生している場合にはほかのペットにそれが移ってしまう可能性があるため、ペットホテルを利用できないケースがあります。
このほかにも、ペットホテルの判断によって預かることができないといわれた場合にはそれにしたがう必要があるため、どんなペットでも自由に預けることができるわけではない点に注意しましょう。
ペットホテルは責任を持ってペットを預かるサービスを実行していて、利用している人はたくさんいるのですが、衛生的な環境をしっかりと保つ必要があるため、預かるペットをきちんと判断していて、断られるような人も出てくるのです。
たとえ、断られたとしても、そこで無理強いをするのではなく、どうして拒否されたのかその理由をきちんと理解して、その問題を解決するようにすれば、ペットをより健康的な状態にすることができ、気軽にペットホテルを利用できるようになるでしょう。
ペットホテルの利用をすぐにできると考えるのではなく、まずは問い合わせをしてみて、預けられそうか尋ねてみましょう。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク