業者選びに役に立つペット関連事業に関連した業者をご紹介します。

ペットビジネスコンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月08日 [FAQ]

ペットの葬儀社を決めるまでの遺体の安置方法は?

一人っ子の私には、愛犬が本当の兄弟みたいな存在で、幼稚園の時から常に一緒で、共働きの両親が家にいない時でも、愛犬が居てくれただけで寂しくありませんでした。
ワンちゃんの寿命が、人よりも短いことを中学生になって知った時にはかなりショックを受けて、高校生になった時には病気にもなっていつその時がくるのかドキドキしていましたが、結局20年近く生きてくれて、ほぼ毎日一緒に過ごすことができたので、今はとても悲しいですが感謝の気持ちで一杯です。
前から愛犬が亡くなったら、本当の家族として人間と同じように火葬をして盛大に葬式を挙げてやろうと親とも話していて、急にその時がきたのでまだ葬儀社は決めていませんが、なるべく早めに決めてきちんと見送ってあげたいと思っています。
それまで自宅で愛犬の遺体をしっかり管理してあげたいのですが、そのためにはどうすればいいのか教えてください。
期間としては長くても2?3日程度です。


回答

ご遺体は清潔にして室内で安置しましょう。


2?3日程度ということでしたら、まずはご遺体をできるだけキレイな状態にしてください。
身体が汚れている場合は、どうしても雑菌などが繁殖しやすくなります。
死後身体が弛緩して、尿や便が出てくることもあるので、その点にも注意して、定期的に除菌スプレーなどを使用して、身体を除菌してあげることもおすすめです。
特に夏場は雑菌が繁殖しやすい状態になるため、エアコンなどを使用して身体を冷やしてあげることも必要です。
雑菌が活発になるのは、気温が30?40度と言われています。
お腹の中に食べ物が残っている場合だと、アイスノンなどを使ってお腹を冷やしてあげるといいのですが、その場合は身体を濡らさないように、タオルなどで巻いてください。
身体が濡れていても雑菌が繁殖しやすくなりますので、身体を乾燥させることもペットの遺体を安置する際には大事なポイントです。
また、大型犬や中型犬の場合は、身体が大きくて棺や火葬炉に入り切らないこともありますので、遺体の硬直がはじまる前に、手足を曲げてあげましょう。
ただし硬直は死後1時間程度からはじまりますので、すでに硬直してしまっている場合は無理をしなくて大丈夫です。
あとはペットの葬儀社に任せることで、きちんと対応してもらえるのでご安心ください。
ご遺体は、できるだけ家の中で安置するようにして、早めに依頼先を決めましょう。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク